計画停電への対策、大規模停電を回避するためのさまざまな方法、電力の確保、自家発電設備、電力供給に左右されない生き方・事業計画など

これからの「節電」の話をしよう-いまを生き延びるための雑学

個人の方へ 停電の備え 停電対策

節電予報・警報メール、自治体が停電予防連絡ネットワークによるシステムの効果を実証試験

投稿日:

科学技術振興機構(JST)の低炭素社会戦略センター(LCS)は、停電回避の緊急対策として、荒川区、柏市、川崎市、横浜市と協力して停電予防連絡ネットワークによるシステムの効果を実証試験で確認したと発表しました。

低炭素社会戦略センター(LCS)は、電力需要の予測モデルと家庭での節電効果算定モデルを用いて、電力供給、使用データ、気象予報データ、国と協力して得られる電力需給に関する情報などから、家庭での節電の必要度を予測するシステムを構築しました。

このシステムを利用し、自治体の緊急連絡網を通じて、家庭に「節電予報」として節電レベルと節電行動の呼びかけを行います。電力需給が著しく逼迫してくると予測された場合には「節電警報」が知らされます。

実証試験は2011年5月(水)、6月16日(木)、6月22日(水)に行われました。対象は各自治体が選んだ約500万世帯のモニター家庭。約100世帯のモニター家庭に対して試験的に「節電予報」と「節電警報」を発した結果、全体として8割以上の家庭が節電行動をとったとのことでした。このシステムは、夏期に向け本格稼働の準備が進められています。

科学技術振興機構:
http://www.jst.go.jp/

-個人の方へ, 停電の備え, 停電対策
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© これからの「節電」の話をしよう-いまを生き延びるための雑学 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.