節電のしすぎに注意。エアコンの適切な利用で熱中症を予防

節電のためと、暑い日でもエアコンを止めて扇風機だけで過ごすという人も増えています。
窓を開けて扇風機を回せば、なんとか暑さはしのげますが、都心部だと窓を開けたくても開けられないようなことも。
また、直射日光が当たる部屋だと、窓を開けても室内の温度はグングン上昇してしまいます。

このような状態だと、大量の汗をかくので水分不足になりがち。適度に水分を取らないと脱水症状になったり、体温が上昇して熱中症になる危険性もあります。
節電も大事ですが、必要に応じてエアコンも合わせて使うのが良さそうです。

カテゴリー: 節電方法 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。