計画停電への対策、大規模停電を回避するためのさまざまな方法、電力の確保、自家発電設備、電力供給に左右されない生き方・事業計画など

これからの「節電」の話をしよう-いまを生き延びるための雑学

個人の方へ

石油ストーブの火事・火災防止対策。灯油の給油やスプレー缶には要注意

更新日:

11月に入り、暖房器具の使用をはじめたという方も多いことでしょう。中には、節電を意識して石油ストーブや石油ファンヒーターの使用を開始した方もいることでしょう。

火事や火災が多くなる冬、石油ストーブなどの使用には細心の注意が必要です。

特に気を付けたいのが、灯油の給油時。給油を行う時には、火が消えていることを確かめてから行いましょう。万が一、灯油がこぼれた場合、火が付いたままだと引火する恐れがあります。

さらに、使用時にも注意が必要。使用時は、スプレー缶や燃えやすいものを近くに置かないようにしましょう。あたたまったスプレー缶が爆発したり、燃えやすいものに引火して燃え上がる可能性があります。火の元には充分気をつけて使用しましょう。

関連記事:
一酸化炭素中毒や火事に注意。石油ストーブ・ガスファンヒーター・火鉢・七輪の事故予防対策

-個人の方へ
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© これからの「節電」の話をしよう-いまを生き延びるための雑学 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.